使用許諾契約

株式会社サガシキ(以下「当社」といいます)は、メディアプレーヤーからコンテンツおよびソーシャルメディアをストリーミングするサービスとしてのソフトウェア(以下「本ソフトウェア」といいます)を提供します。ENPLUG使用許諾約款に基づく契約(以下「本契約」といいます)に従い、当社は、毎月ライセンスの形態で本ソフトウェアをユーザーにライセンスします。 ライセンスは、ディスプレイに表示される一意のコンテンツの1つのコレクションとして定義されます。

第1条 (限定ユーザーライセンス)

1. 当社は、本契約のすべての条件に従うことを条件として、本ソフトウェアを使用するための限定的、非独占的、譲渡不可、譲渡不能な権利をユーザーに付与します。ユーザーに明示的に付与されていないすべての権利は、当社およびそのライセンサーによって保有されています。
2. ユーザーは、以下の行為を禁止されていることにあらかじめ承諾します。
(1) 本ソフトウェアの使用範囲を超えた本ソフトウェアの使用(コピーを含む)。
(2) 事前に追加のライセンスを購入することなく、一度に複数のコンピュータでの本ソフトウェアの使用。
(3) 本ソフトウェアを他の第三者に賃貸、リース、貸与、販売、再販、サブライセンス供与、譲渡、移転、共有、発行、配布、商業的利用または利用可能にすること。
(4) 本使用許諾に従って使用することができるもの以外の本ソフトウェアの全ての部分に基づく修正、改変、翻訳、派生的著作物の作成または改良
(5) リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、コピー、派生的著作物の作成、またはソフトウェア、アップデート、またはその一部の変更、ソースコードの特定または取得を試みること
(6) 本ソフトウェアに含まれる当社の商標、著作権、またはその他の所有権に関する通知の変更または削除。
(7) 本ソフトウェアの競合分析、競合ソフトウェア製品またはサービス開発、または当社の商業上の不利益となるその他の目的のための利用。
(8) 本ソフトウェアに類似したアイデア、機構、機能またはグラフィックを使用して競争的なソフトウェア製品またはサービスの構築・作成、本ソフトウェアのアイデア、機能、機能またはグラフィックのコピー。
(9) 本ソフトウェアまたはその一部を、他のソフトウェアまたはプログラムへの組み込み、またはその一部を他のソフトウェアまたはプログラムへの組み込み。
(10) 外国、連邦、州または現地法、または規則に違反した本ソフトウェアの使用。
(11) 本契約または本ソフトウェアに付属の文書に規定されていない方法での本ソフトウェアの使用。
3. ユーザーは、名誉毀損、猥褻、卑猥、暴力的なグラフィック、またはあらゆる人種に対する差別的なコンテンツをストリーミングまたは掲載するために本ソフトウェアを使用しないことに同意します。本契約の目的上、「コンテンツ」とは、本ソフトウェアを使用する際に利用可能な、オーディオおよびビジュアルの情報、グラフィックス、テキスト、画像、音楽、ソフトウェアおよび文書を意味します。

第2条 (支払条件)

1. 本ソフトウェアの料金は当社のWebサイトに記載されています。ユーザーは指定されたすべての料金を支払い期日までに支払う責任があります。 2. 各ユーザーの請求履歴とすべての取引記録は、当社のWebサイト上に、ユーザーのアカウントを通じて提供されます。
3. 当社はいつでも価格と料金を変更し、新しい価格で料金を請求する権利を留保します。しかしながら、価格の変更は、本契約の契約期間中は適用されません。すべての料金は、消費税等を除きます。税金の支払について、ユーザーが一切の責任を負います。ユーザーが機器を発注した場合、ユーザーは発注日にすべての機器関連費用(設置費用を含みます。)を支払うことに同意します。
4. 該当する期限内に未払いの残高を支払わなかった場合、本ソフトウェアとその他サービスは、その未払い残高が全額支払われるまで停止される場合があります。
5. 当社からユーザーに対して支払不履行を書面で通知してから3営業日以内に支払いが完了しない場合、当社はその独自の裁量により、その後いつでも本ソフトウェアのアクセスと使用をただちに終了することができます。
6. ユーザーは、当社に有効なクレジットカードと完全かつ正確な請求および連絡先情報を提供することに同意し、当社がそのクレジットカードにより月額料金やその他の料金を控除することを許可します。この情報には、ユーザーの法人名または個人名、住所、電子メールアドレス、および認定された請求担当者またはクレジットカード保有者の名前と電話番号が含まれます。
7. ユーザーは、クレジットカードおよびその他の請求先および連絡先情報に変更があった場合は変更後3営業日以内に更新することに同意します。
8. ユーザーは、当社に提供されたクレジットカードは、本人名義であり、当社による請求処理が有効になされることを保証します。
9. 当社が何らかの理由でクレジットカードによる請求を処理できない場合、当社は商業的に合理的な努力のうえで電子メールにより、当社に別のクレジットカードを提供するようユーザーに通知します。ただし、ユーザーは、ユーザーが別のクレジットカードを提供し、ユーザーの料金が処理され、全額支払いされるまで、当社はユーザーのアカウントを停止することに同意するものとします。
10. ユーザーが提供するクレジットカード、請求または連絡先情報が虚偽または不正である場合、当社は法律で是正された救済手段に加えて、ソフトウェアへのアクセスをただちに終了する権利を留保します。

第3条 (条件:契約終了)

1. ユーザーが年間契約に署名した場合、本契約は、本契約の発効日の応当日およびその後の各応当日に1年間の追加期間(それぞれ、以下「更新期間」といいます)ごとに自動更新され、各更新期間は本契約に規定に基づき終了します。 2. 当社は、ユーザーに少なくとも30日前に書面で通知することにより、本契約を終了することができます。
3. 当社は、本契約の違反または本ソフトウェアの不正使用について、ユーザーによる本ソフトウェアの使用を中断または終了する権利を留保します。 何らかの理由で本ソフトウェアの使用権が一時停止または中止された場合、本ソフトウェアを使用するためのユーザーのライセンスは、ユーザーに通知することなく直ちに終了します。ただし、本契約のすべての条項は、ユーザーに対する当社のライセンス許諾を除き、引き続き有効であり、終了後も存続します。
4. ユーザーは、当社のライセンス許諾が終了すると、本ソフトウェアのすべてのコピーを破棄しなければなりません。

第4条 (表明・保証条項)

1. 本契約の同意に署名またはクリックすることにより、ユーザーは、本契約を締結する法的権限および権限を有することを表明します(署名者が代理人、従業員または代理人である事業体を代理する場合を含みます)。
2. ユーザーは、本ソフトウェアを不当に識別したり、本ソフトウェアにアクセスするための虚偽の情報を提供したりしないこと、およびユーザーのクレジットカードと請求情報が完全かつ正確であることを表明し、保証します。
3. ユーザーは以下のことを表明し、保証するものとします。(i)パスワードやアカウントの不正使用、またはパスワードやアカウントに関するその他の既知のセキュリティ違反を当社に直ちに通知する。 (ii)コンテンツの無断コピーまたは配布をユーザーが認識または疑わしいと思われる場合は直ちに当社に報告し、即座に停止するための合理的な努力をする。(iii)本ソフトウェアへのアクセスまたは使用のために、他のユーザーを偽装または、誤った識別情報を提供しません。

第5条 (知的財産)

1. 当社は本ソフトウェアに係るすべての関連知的財産権を含むすべての権利、権限および利益を所有しています。本契約は、本ソフトウェアまたは当社が所有する知的財産権の所有権または関連する権利をユーザーに譲渡するものではありません。
2. 当社の名称、当社ロゴ、および本ソフトウェアに関連する製品名は、当社または第三者の商標であり、本契約に定める他、それらを使用するためにユーザーに権利またはライセンスは与えられません。
3. ユーザーは、本ソフトウェアを侵害、不正流用、盗難、誤用または不正アクセスから守るための商業的に妥当な努力を払うことに同意します。本契約の目的上、「知的財産権」とは、特許を付与されていない発明、特許出願、特許、デザイン権、著作権、商標、サービスマーク、商号、ドメインネーム権、ノウハウ、その他すべての知的財産権、その派生物に関し、世界のどこでも同様の性質の保護をすることが含まれます。

第6条 (情報の収集と利用)

1. 当社は、直接または間接的に、他のサービスを通じて、本ソフトウェアの使用に関する情報、および本ソフトウェアがインストールされている機器またはそれ以外の方法でアクセスおよび使用される機器に関する情報を収集および保管することが可能です。
2. ユーザーは、当社がユーザーによる本ソフトウェアに利用に関してあらゆる目的のためにかかる情報を使用することに同意し、それは以下のものを含みますがこれに限定されません(i)本ソフトウェアの性能向上またはアップグレード開発(ii)本契約の条件の遵守を検証し、ソフトウェアに含まれるすべての知的財産権を含む当社の権利を実施すること。

第7条 (ユーザーのプライバシー)

1. 当社のプライバシーポリシーはhttp://enplug.co.jp/legal/privacy-policy/でご覧いただけます。当社は、随時合理的な裁量によりプライバシーポリシーを変更する権利を留保し、これらの変更の通知は本ソフトウェア上で提供される可能性があります。
2. 本ソフトウェアはオンラインアプリケーションであるため、当社は本ソフトウェアの操作に関する重要なお知らせを本ソフトウェア上または電子メールでソフトウェアのすべてのユーザーに通知する権利を留保します。

第8条 (保証の排除)

1. 本契約書に明示的に記載されている場合を除き、当社およびそのライセンサーは、本ソフトウェアまたはそれに関連して使用されるいかなる機器(以下「機器」)の信頼性、適時性、品質、適合性、真実性、正確性、完全性についていかなる表明、保証もしません。当社およびそのライセンサーは、以下について表明または保証をしていません
(1) 本ソフトウェアまたは機器の使用にあたり、他のハードウェア、ソフトウェア、システムまたはデータとの組み合わせにおいて、安全、タイムリー、中断なく、エラーなく動作すること
(2) 本ソフトウェアまたは機器が、ユーザーの要求または期待に合致すること
(3) 保管されたデータが全て正確で信頼できるものであること
(4) 本ソフトウェアまたは機器を使用して購入または取得した製品、サービス、情報、またはその他の資料の品質がユーザーの要求または期待を満たすこと
(5) エラーまたは欠陥が修正されること
(6) ソフトウェアまたは機器を使用するために発生した追加費用が一定の金額を超過しないこと
(7) 本ソフトウェアを使用可能にするソフトウェア、機器またはサーバーにウイルスやその他の有害な要素がないこと。

2. 本ソフトウェアおよび機器は、「現状のまま」基本的にお客様に提供されます。すべての条件、表明、保証条項は、暗黙の了解または法定などにより、商品適格性、満足できる品質、特定目的への適合性を含んでおり、取扱や商習慣によって発生する保証は、当社およびそのライセンサーによって適用される法律の定めに反しない限り、ここで放棄されます。

第9条 (賠償責任の制限)

1. いかなる場合であっても、本契約に基づくユーザーへの当社の責任の総額は、その請求を起こした日から12か月間にユーザーが実際に支払った金額を超えないものとします。 当社またはそのライセンサーは、本ソフトウェアの使用、中断、遅延または使用不能に関して、ユーザーに責任を負うものではありません。
2. いかなる場合においても、当社またはそのライセンサーは、間接的、懲罰的、特別な、偶発的、必然的、またはその他の種類の損害について(データ、収益、利益、利用または他の経済的利益の損失を含む)本ソフトウェアまたは機器に関連して、本ソフトウェアまたは装置を使用した、またはソフトウェアまたは装置を介して取得されたコンテンツ、ソフトウェアまたは機器を使用するために必要なデータの金額または費用、または中断、不正確、エラーまたは使用を含むがこれに限定されない、 誤用などの原因にかかわらず、以前にそのような損害の可能性があると当社が予告した場合でも同様に、ユーザーに対して責任を負うものではありません。
3. この責任の制限は、そのような損害の可能性について当社が知らされていた場合でも、契約、不法行為、過失、過失責任その他の根拠に基づく賠償責任が適用されるものとします。前述の責任の制限は、適用される裁判管轄において法律で認められている最大限の範囲で適用されます。
4. 特定の国、州および/または管轄区域では、偶発的、必然的または特定のその他の種類の損害に対する暗黙の保証の除外または責任の制限が認められておらず、上記の除外はユーザーには適用されない場合があります。

第10条 (補償)

1. ユーザーは、以下の結果として発生したすべての損失の全額から当社、その役員、取締役、株主、代理人および従業員を擁護、補償し、損害を与えないようにします。(a)ユーザーの本ソフトウェアの使用、(b)ユーザーの適用法違反、(c)当社の重大な過失または意図的な違法行為によって生じた場合を除いた、ユーザーの本ソフトウェアの使用に起因する損害。ただし、当社が(i)すべてのクレームを速やかにユーザーに通知し、(ii)ユーザーがすべての責任から当社を無条件で解放しない限り、クレームを解決または防御できない場合に限り、ユーザーにそのクレームの防御および解決の唯一の責任と権限を与え、そして、(iii)ユーザーがそのような適切な主張や対応をしていない場合に限ります。
2. 本契約書の目的上、「損失」とは、ここに関連するすべての損失、請求、損害、責任、法的措置または訴訟、または経費で、調査、準備、または防御のための証人としての役割、本契約から生じる、または本契約に関連して当事者が受ける(そのような当事者が当事者として命名されているか否かにかかわらず)可能性のある行為を含みます。
3. ユーザーは、本件機器に関し、自己の責に帰すべき事由により破損、汚損等の通常使用すべき範囲を超えた損害を与えた場合、当該損害を補償することにあらかじめ同意します。

第11条 (輸出管理)

インストールボタンのクリックなどにより、本ソフトウェアをインストールまたは使用することにより、米国商務省、米国財務省およびその他の米国の適用される輸出法、規制および本契約の条項に関する外国の機関の関係するすべての規制を遵守することに同意するものとします。お客様は、本ソフトウェアを輸出または再輸出しないこと、また、該当するすべての米国貿易禁止令または禁止された目的地への輸出または再輸出を許可しないことに同意するものとします。 第1部から第740項または現行の補遺第1号から第738項の米国輸出管理規則(または後続の補足補足または規制)に明記されている商取引管理リストを参照してください。

第12条 (米国関係者に対して)

本ソフトウェアは、48 C.F.R. . §2.101に定義されている商用コンピュータソフトウェアです。それに従い、ライセンシーが米国政府またはその契約者である場合、ライセンシーは、以下に従いライセンシーがライセンスを受けている他のすべてのエンドユーザに付与されているソフトウェアおよびドキュメンテーションに関する権利のみを受け取るものとします。
(1) 国防総省およびその請負業者に関する48 C.F.R. §227.7201〜48 C.F.R. §227.7204
(2) 他のすべての米国政府のライセンシーおよびその契約者に関する48 C.F.R.§12.212

第13条 (守秘義務)

1. 機密情報を相手方(以下「開示者」)から受け取った各当事者(以下「受領者」)は、受領者自身の使用のため、または本件を実行する以外の目的で秘密情報(以下に定義)を使用しないことに同意します。本契約の受領者は開示者の機密情報を第三者に開示することはできません。受領者は、開示情報の機密情報の秘密を保護し、開示または使用することを防止するために、開示情報のパブリックドメインまたはその所有者以外の者の所有を防止するために、あらゆる合理的な措置を取ることに同意します。
2. 受領者はさらに、受領者の知るところとなる開示者の機密情報の誤使用、不正流用または許可されていない開示について書面で開示者に通知することに同意します。
3. 「機密情報」とは、ビジネス、製品またはサービス計画、財務予測、顧客リスト、事業予測、販売および商品化、人事、特許、特許出願、コンピュータ機器、ソースコード、調査、発明、手順、設計、図面、エンジニアリング、マーケティング、財務などに関する情報、技術データまたはノウハウを含み、または状況によっては合理的な人物の機密または独占とする情報です。機密情報には、次の情報、技術データまたはノウハウが含まれていません。
(1) 開示時点で受領者が所持しており、開示時点の直前に受領者のファイルおよび記録に示されているもの
(2) 受領者の不適切な不作為または行為の直接的または間接的な結果としてではなく、公の知識または文献の一部となるもの

第14条 (法令の準拠)

1. ユーザーは、本ソフトウェアのユーザーの利用が著作権、商標権、データのプライバシー、国際的なコミュニケーション、技術的または個人的なデータの送信に関する日本を含むすべての地域、州、連邦および外国の法律および規則(総称して「適用法」といいます)に従うことを表明し、保証します。
2. ユーザーは、該当するすべての法律に照らして、ソフトウェアおよびサービスがユーザーの使用に適しているかどうかを判断する責任を負うものとします。ユーザーが該当する法律の対象であり、本ソフトウェアを使用するとき、適用法の要件を満たしていない場合当社は責任を負いません。

第15条 (雑則)

1. 本契約は、主題に関する当事者の完全な理解と合意を構成し、両当事者間の明示または黙示、書面または口頭を問わず、事前または同時期の合意または理解、誘因または条件に取って代わるものです。本契約のいずれかの条項が無効または執行不能と判断された場合、本契約の残りの部分は、当事者の意図に合理的に影響を及ぼすために最善と解釈されるものとします。
2. 本契約は、当事者の後継者、執行者、相続人、代理人、管理者および許可された代理人を拘束し、その利益のために効力を生じるものとしますユーザーは、(a)法律またはその他の方法により本契約を譲渡、または(b)当社の事前の書面による同意なしに、当社単独の裁量により差し控えられた本契約に基づく義務の履行を下請けまたは委託する権利を持ちません 。そのような意図された譲渡は無効となります。
3. 本契約は、法の原則の選択に関係なく、日本法に準拠し、その法律に従って解釈されるものとします。当事者は、佐賀地方裁判所が第一審の専属的合意管轄を有することに同意します。
4. 勝訴当事者は、本契約に基づく権利または救済措置を強制するため、または本契約の条項を解釈するための訴訟において、合理的な弁護士費用、費用およびその他の費用を回収する権利を有します。
5. 当事者は、本契約に定める他、相手方の代理人、代理人、共同出資者またはパートナーとはみなされません。
6. 当社は、物理的な印刷物、デジタル広告、宣伝用資料など、当社のマーケティング資料にユーザーの事業名、事業所住所、ロゴ、コンテンツ、およびその他の会場に関する情報を使用する場合があり、ユーザーはこれに同意します。

2017年6月1日制定

デモをリクエスト