あなたのディスプレイに
新しい可能性を。

お問い合わせはこちら
活用事例

Enplugによって実現される社内マーケティングとコミュニケーション

どのようにして企業はデジタル化した情報を社内マーケティングとして社員に広めるか。

この問題に対してEnplugのデジタルサイネージソフトウェアは最も新しく効率的なソリューションを提供することができます。

多くの企業はマーケティングとして、お客様に製品やサービス、あるいは奉仕活動を売り込むことに目を向けています。しかし、従業員に対する社内マーケティングも同じぐらい必要であるということを理解している企業は少ないのが現状です。また、それを理解できていたとしても、それらを最も効率よく確実に行える方法を知らない企業が多いのも事実。


インターネットがまだ普及していなかった時代、企業内のニュースを広めていたのは印刷物による社内回覧でした。この社内回覧には「今月のベスト社員」や営業社員の週別のトップ売上が記載されていました。やがてそれは形を変え、Eメール方式での配信になり、社員が毎日受け取るメールフォルダの中にうもれていってしまいました。

そのような状況でどのようにして企業はデジタル化した情報を社員に見せることができるのでしょうか。このような問題に対して解決するためにEnplugはあるのです。
Enplugは企業にすでにあるディスプレイに取り付けることができ、多数の発信源からリアルタイムのコンテンツをディスプレイに表示することができます。

Enplugを使えば「今月のベスト社員」も簡単に新しい社内マーケティングツールとして従業員のみんなと共有することができます。

enplugは多数のディスプレイを一元管理できますが、最大の魅力のひとつとして同じコンテンツを遠く離れた場所で表示することができるのです。

例えば、フランチャイズに企業には必要なコンテンツをあらゆる店舗で共有し、同じ職場でも出会う可能性の少ない従業員同士のコミュニケーションを取り持つことが可能です。このようなコミュニティを容易に築き上げることは様々な企業の目標であり課題かと思われます。

Inka Franchise Corp の執行役員 Hector Cabral氏は、このEnplugがいかに自社の社内マーケティングに有効的であったかを語ってくれました。

「Enplugはお客様だけではなく、従業員も画面上にほかの人々の投稿と自分の投稿がリンクしているのを目の当たりにすることができます。このことが自社のブランドを全国の地域に結び付ける手助けをしてくれているのです。」

企業はその組織の中で掲げられた目標を達成することで評価をされます。

その一方で、働いている従業員に対して自分たちの仕事が組織として動いていることでみんなで協力をしているという事を認識し、共有するのも大切なのです。

もちろん、Enplugは社内マーケティングだけではなく外部マーケティングとしても大いに活用頂けます。内部、外部マーケティングを向上させたい方、またはその両方の方もEnplugの活用をおすすめします。

www.enplug.co.jpで検索!

Enplugで、
あなたのディスプレイに新しい可能性を。

Enplugで、
あなたのディスプレイに
新しい可能性を。

お問い合わせはこちら