あなたのディスプレイに
新しい可能性を。

お問い合わせはこちら
活用事例

Webpageアプリ: Google データスタジオをサイネージ表示可能に

Googleデータスタジオは、さまざまなデータを接続させ膨大なデータを簡単に可視化できるビジネスインテリジェンスツールです。9月末から、日本でもGoogleデータスタジオ(ベータ版)が使えるようになりました。
※もともと有償ツールである「Googleデータスタジオ360」の一部機能を制限した無償版ツールです。
EnplugのWebpageアプリを使えば、データスタジオで作成したレポートを簡単にサイネージ表示できます。

Googleデータスタジオは、多くのツールと連携して機能性溢れるグラフを簡単に作成することができます。
データ接続・連携が簡単にできるデータソース:
  • • Googleアナリティクス
  • • Googleスプレッドシート
  • • Google広告
  • • You Tubeチャンネル
  • • Firebase / MySQL / PostgreSQL
  • その他各種のデータソース
Googleデータスタジオの特徴はグラフや表のサイズ、フォントの色など自由にカスタマイズでき、テンプレートや使い方ガイドも用意されているので、初心者でも簡単に始めることができるところです。


Enplugで表示する場合は以下の3点のポイントを確認してください
  1. 1. ヘッダーの表示: 「非表示」を選択して、ヘッダーを非表示にする
  2. 2. 表示モード: 「余白あり」のチェックを外して、ダッシュボードを全画面表示にする
  3. 3. 画面サイズ: <<重要>>ダッシュボードで作業する前に必ず画面(16:9) – 縦型/横型 に設定する
また、GoogleデータスタジオのレポートはGoogleドライブに保存されているため、他のGoogleツール(スプレッドシートなど)と同様に共有することが可能です。レポートが完成したら、管理画面右上の「このレポートを共有」から「共有可能なリンクを取得」をクリックして「リンクを知ってる全員が閲覧可能」を選択してください。表示されたリンクをコピーして、Webpageアプリにコピーしたリンクを貼り付けると、作成したレポートがサイネージスクリーンに表示されます。
Enplugでは、Google Data Studioの表示だけでなく、SNS投稿やRSSニュースなどアプリを使用して簡単に表示することができます。
ぜひ外部サービスとEnplugを連携させてあなたのサイネージコンテンツを充実させてみませんか?

今すぐ2週間の無料トライアルを始める 今すぐ2週間の無料トライアルを始める

Enplugで、
あなたのディスプレイに新しい可能性を。

Enplugで、
あなたのディスプレイに
新しい可能性を。

お問い合わせはこちら